事業をどうやって承継させるか、経営者にも社員にも大事な問題ですよね。

事業をどうやって継承させて行くか、なかなか悩ましい問題です。

社長が60代前半くらいまでは良いのでしょうが、社長が年齢を重ねるに従って働いている社員も自分と会社の行く末が気になりはじめます。社長が歳をとるごとに能力が衰えて行くのが見えるとしたら、手遅れになる前に自分もどこか未来のあるところに転職しようかなと考えます。この会社いつまであるのかな、この会社大丈夫かな?って思うと思います。実際、社長が高齢になるに従って、人材採用の求心力は落ちて行くように見受けられます。

売上が1億を超えてスタッフの人数が10人を超えて入れば立派に事業規模になっています。これをこのまま社長の年齢が高くなるのに任せて事業を少しずつ衰退させて行くのはもったいない。そう言う会社がなくなって、新しい世代の会社が出てくるからそれが新陳代謝なのだ、これを自然の摂理に沿った世代交代とする見方もあるのでしょうが、せっかくお客様と人材が一箇所に集まっているのですから、これをバラバラにしてしまうのは勿体ないと思えます。

なので、ある程度の事業規模がある場合には、出来るだけ引受手くれる人を探して行くのが皆の利益にかなうと言えます。
子供が継いでくれれば、わかり易くて周りの理解も比較的得られやすいのですが、子供に会社を経営できる能力があるかどうかはわからないし、本人がやりたいと言ってくれるかどうかもわからないでしょう。

ですので、承継先は自分の子供に限らず、社内の幹部、もしかしたら外部の資本力と経営力のある第三者でも良いと思います。

お金があれば誰でも会社を継げるかどうかと言うと、やっぱりそうではないでしょう。会社の経営にはその分野の専門知識も必要だし、既存のお客様との関係性も必要です。事業を継承するのには時間がかかるのです。お金があるだけでなく、やはり経営力のあるところを選ぶべきですが、それは売る側は心配する必要はありません。高い値段で買ってくれるところが、既存の事業の価値を最大化できる自信があると思っているところ、すなわち経営力があるところです。その判断に任せましょう。

いずれにせよ、お客様を見ても事業承継の大事さを感じます。

Japanese Thin Capitalization Rule and Earning Stripping Rule (過小資本税制と過大資本利子税制)

Thin capitalization rule

You may think that putting in capital in form of loan is better (more tax efficient) than in form of equity because you will probably be able to pay yourself back in form of interest to reduce your taxable income. Interest must be deductible, right?

That is not always the case.
The thin capital rule restricts interest expenses paid to its shareholder up to to a limit. The interest is restricted to the amount paid for loans up to triple of its own equity. For an example, if the equity is 100 and your loan is 370, the interest expense paid to the 70 will not be allowed deductible. Interest expense is allowed to be expensed only up to 300, which is three times of its own equity (100).

The rule is applicable to interests paid to an overseas entity who owns more than 50% of the interest payer company in form of direct or indirect ownership.

Japanese Earning Stripping Rule

There is also a rule to restrict the total amount of interest to be deductible from corporate taxable income in Japan. If the interest is more than 50% of taxable income (before the interest to its controlling party), the portion exceeding the 50% line will not be allowed to be deducted from its income. The rule is not applicable if the interest in total is less than 10 million Japanese yen.

Japanese Private Trust vs Commercial Trust. It can be convenient to set a scheme that a will cannot achieve.

I’m reading a book about Japanese “trust”.

There were major changes in the laws in trust and NPO in Japan recently.

There are private trust and commercial trust. Private trust is the one that was introduced by the change in law recently.
Instead of a will that you make, private trust can do many many things that a will could not do in the past to have a flexible and lasting scheme that will last more than one generation, to guarantee a desired transition of estates.

Interesting!

One particular example is a situation when you want to pass your estate to your spouse first but then pass a particular estate such as a house or a land plot to one of your children. It will be dependent to the will of your spouse. According to Japanese Civil Law, a will is only binding to your inheritance but not to the further generations down. Later transitions after your spouse’s death is not guaranteed.

But a trust can do.

For an example, one of your children is handicapped but you want to pass your house to your wife first. But you want to make sure that after her death, it will go to the said child.

You can set a trust that will give you the benefit of the house, then after your death to your wife, then to the kid.

The recent change in the law makes it possible to assign anybody as your trustee. You can assign your family member as trustee or even yourself. Before, you could name only qualified institutions.

Tax Implication

According to the Civil law, the legal owner of the assets will the trust but its beneficiary will be regarded as the owner for the tax. If you put your asset into a trust and its beneficiary is your children, they will be regarded as being given the assets and therefore will be subject to Gift Tax.

米国歳入庁が米国人が所有する海外会社の留保所得に課税する恐ろしいルールを発表しました。

米国財務省と歳入庁は昨年(2017/12/22)に発表された「移行税(transition tax)」についてのガイダンスを発表しました。

最近施行された米国歳入法のセクション965で、米国人(個人と法人の両方を含む)が所有する海外の会社(日本にある会社をもちろん含む)の内部留保について8パーセントから15.5パーセントの税金をかけることが規定されました。これは日本に居住するアメリカ人が日本で作った会社にも当てはまるので、日本で会社をやっているアメリカ人の方々には注意が必要です。

考え方としては、海外に留保された利益がいったんアメリカに配当という形で還元されたとみなして課税する仕組みのようです。

実際の税率ですが、現金には15.5パーセント、それ以外の資産には8パーセントの税金が課せられるようです。内部留保と言うのは自己資本から最初の資本金と資本準備金等を控除した利益の積み重ねで、直接どの資産項目と結びつくと言うものではないので、おそらく現金から順番にあてていって、残りをその他の資産で留保していると考えるのではないでしょうか。

いずれにせよ、日本を含むアメリカ人には大変な話の様で、アメリカ商工会議所のニュースレターでも大きく取り上げられていますし、私どもの事務所に勤務するアメリカ人CPAもこれはひどい税金だと言っていました。

こちらがIRSガイドラインの原文です。