みなと国際会計事務所 Accounting Intelligence blog by a CPA in Tokyo

みなと国際会計事務所 Accounting Intelligence blog by a CPA in Tokyo, tax tips, accounting, running business

Bitcoinはこれからも値上がりするのか

time 2017/09/08

Bitcoinがものすごい勢いで値上がりしています。このまま値上がりし続けていくのか、はたまた、今の状態はバブルでそのうち破裂するのか、疑問に思ったので色々調べてみました。

まず、Bitcoin自体には価値の裏付けはありません。みんなが欲しがるから値段が上がり、価格が保たれています。いわば金(ゴールド)のようなものでしょうか。それともポケモンカードのようなものでしょうか。そのもの自体に用途としての価値はないけどみんなが価値があると認めているので、価値があるのです。価値があるとみんなが信じているので、何かの対価として受け取ってくれる人がいるわけです。ブロックチェーンという目新しい言葉も出てくるので、なんだか凄そうだなと思ってしまうのですが、ブロックチェーンの技術は偽物を防ぐ技術ですので、その事自体に価値があるわけではありません。

ビットコインの増え方自体はくじ引きのようなもので、マイニングというくじに当たる人が毎日いて、その人にビットコインが割り当てられているので、少しずつ発行枚数が増えていきます。そのマイニングでは、10分毎にハッシュ関数を使い今までのビットコインの取引記録にランダムな数字を加えて、結果、最初の16桁が0になるような数字を見つけるための競争をします。最初に見つけた人が賞金としてビットコインをもらえます。コンピュータの能力にはそれぞれ差がありますが、結局はみんながマシンの能力に応じて一定の割合で当たるので、結局はくじと同じようなものです。

そうすると、ポケモンカードを印刷する人が、くじで当たった人に刷ったカードを配っているだけなので、実はカード(=ビットコイン)自体に価値はないのです。皆がお金のように扱っているのとで、価値があるということになっていますが、皆がポケモンカードに興味を失えば、カードはただの紙切れになってしまいます。無からお金を創造しているのと同じですので、ある日突然ブームが去って、一定の割合の閾値を超えた人数の人がが急にシラフになって、価値があるうちに売ってしまおうと行動を起こすと、マーケットは突如崩れてしまうかもしれません。

最近、「ビットコインの売却利益は雑所得で、ビットコインを使ってものを買った時には利益を認識すべきと」いう国税庁の通達が出たので、今、利益が出た人は売って利益を確定することのハードルが上がったように思います。逆にいうと、買うインセンティブが税金が高くなったことにより、相当に下がってしまったので、これがマーケットにどう影響するのかなとは思います。

最近のコメント