予定納税の減額

本日は予定納税の減額について。

個人で所得税を納めている方は、年に2回、7月と11月に予定納税が発生します。1回目の予定納税の期限は、7月の末日です。昨年に比べて今年の業績が悪い場合には、この予定納税を減額申請することができます。申請期限は7/15日です。昨年の業績が良すぎて、予定納税が多額に出る場合はこの制度は助かります。法人でいうところの、中間納付を実際額でやるようなものでしょうか。

予定納税については審査がありますが、ある程度理由がしっかりしていて、提出できる資料があれば、大概の場合は認められます。心配はほぼご無用。今年のキャッシュフローがきつい場合は、遠慮せずに出してみてはいかがでしょうか。振替納税にしている方も7/15日までに出せば、7/31の引き落としについては間に合うようです。とても迅速に処理されますね。

******************************************************

昨日は、中学校時代の古い友人に会いました。それで、彼と四谷の三栄通りにある、しのぶという牛タンの専門店に行ってきました。うっかりしてて、写真を撮ってくるのを忘れてしまったのですが、美味しかったー。特に、ゆでたん、タンシチュー、焼きタンは厚みが1センチくらいあるものがそれぞれクセなく調理されていました。ゆでたんとタンシチューはとても柔らかく、焼きタンはそれなりに歯ごたえがありました。

彼は、海外でものを製造して日本に輸入する産業にいるのですが、この円高で今まで赤字だったのが、黒字になったと言ってました。本業での努力を上回るほど為替の影響は大きいようです。今回のBrexitによる為替変動の大きさはそれほどのものだったんですね。

彼もなぜか、私と同じようにダイエットを始めてて、それに早起きでランニングをしてました。しかも起きるのは4時とか!二人とも今年で49歳、お互いに同じようなことを始めているので笑ってしまいました。健康に気をつかい自分の体をメンテナンスしなくてはいけない年齢になっているということですね。

なにか良いことを継続したいなら、毎日の習慣にするのが一番いい。でも、盛りすぎには注意。

何か自分にいいことを継続してやろうとするなら、習慣化してしまうのが一番簡単なような気がします。それも、毎日やる時間を決めて。

これだけで、今日は資格の勉強を使用と思ってたけどだるいから明日にしようとか、ブログを書こうと思ってたけどアイディアが思いつかないから後でやろうとかいって、ネットでだらだらするとかだいぶ減ります。

私の場合、何年も継続したいと思っているのは、以下の事です。

英語、1日15分。英語で読書する習慣がついたら、ボキャブラリーも増えるし、世の中変わるように思います。

税法や会計・その他の資格の勉強。一日1時間。ずっと税理士でやっていきたいと思っているので、専門知識は欠かせないように思います。

ジョギング、2日に1回50分で事務所から皇居までと、皇居を一周で約6キロ。続いたりやめたりですが、かれこれ10年くらいやってます。

中国語 1日15分。日本のとなりには巨大な中国語の文化圏があります。中国とか、台湾とか、シンガポールとか。中国語ができると、やっぱり世界が広がるんじゃないかなーと淡く期待しています。

プログラミング、1日30分。本格的なプログラムを作ろうとするとちょっと少ないけど、私の生活リズムの中ではこれが限界です。プログラミングも毎日続けないと、腕がなまってしまいます。

ブログ、1日30分。ちゃんとしたブログを書こうとすると、他の人は1時間とか2時間かけているようですが、私にはこれで十分です。確かに人様に読んでもらうので、それなりにネタを調べて、文章を推敲して、画像も付けた方がよいとは思うのですが、ブログも毎日続けたいと思うので、継続可能な範囲で無理をしすぎないようにしようと思いました。無理をすると続きません。

読書、1日15分。読書も楽しい時と、正直、字を負うのがしんどい時もあります。でも、やっぱり読書も体力みたいなもので、毎日読んでいると、読む力もつきますし、それに色々なジャンルの本を多少自分に強いても読むことによって、世界が広がります。

こう考えると、このやりたいことを全部足すと、ざっくりで、毎日3時間15分が必要です。これに仕事や家のこともあるので、相当上手くやらないと、毎日3時間なんて作れません。早起きでこのうち2時間くらいはねん出するにしても、なかなか厳しい。これだとちょっと続かなそうです。少し削るか、やり方を変えないと。。

StudyRoom_ArkHills
(朝の自習室。六本木アークヒルズ)

読書感想:「脳がこわれた」鈴木大介

身近な人が最近脳梗塞になったこともあって、手に取る縁がありました。

この本の著者の方は、ご本人が41歳という若さで脳梗塞になり、その回復の過程や、ご自分の私生活、奥様の事などを色々と書いています。
結構、大変な状況であるとは思うのですが、大変、ユーモラスに書いてあり、色々と学ぶところもありました。

私自身が自分の時間の使い方を仕事やら勉強やらにばっかり使った偏った時間の使い方をしてきたので、世間知らずで、あまりものを知りません。
こんなユーモラスに文章を書けるなんてすごいなあと思うところもあり、また、人に対する接し方も一面的であったかもなあと思わせるものもありました。

私の読む本は、仕事の知識や(税務・会計)や仕事のノウハウ本に多く偏っていて、あまり広い範囲の読書をして来ませんでした。でも、こう言う本を読むと、やはり読書はいいなと思います。読書は自分の未経験の分野の視野を広げてくれます。

読書を少しずつでも継続するのは、大事だなと実感するとともに、自分の毎日の習慣の中に20分でも取り入れるべきだなと思いました。

Suzuki_Daisuke

iPhoneから投稿できるようにした領収書等の画像を七夕に反映できるようにしました

本日、iPhoneから投稿できるようにした領収書等の画像を七夕に反映できるようにしました。でも、まだ開発機の段階です。これを公開するにはAppleの審査を通過する必要があります。

何事も、継続するのは難しいです。趣味でも勉強でも半年続いたら、既に相当なレベルに来ています。3年続いたら、十分に他人と話ができる立派なレベルに達していると思います。10年続けられるような趣味や勉強が出来たら、ちょっと違うのかも知れませんが、それだけで人生が豊かな気がします。相当に幸せな事だと思います。

iPhoneのプログラミングの勉強も毎日30分でもいいから続けるようにしたいと思います。毎日コツコツやると、少しずつではありますが前に進みます。

全然、思ったように行きませんが、このまま少しずつプログラミングも続けて行けたらと思います。iPhoneからの画像の転送機能も審査を通過したら公開したいと思います。

私もプログラミングを始めて、12年くらいたちました。時々離れていた時もあったのですが、プログラミングそれ自体が面白いこともあり、ビジネスでも続いています。

重要な事は、継続することです。
次に、継続するためには、色々手を広げすぎないことが重要です。
私はあれこれ手を広げて、一つの事が長く続かないタイプです。

何かを継続しようと思ったら、手を広げすぎずに、3つか4つくらいに絞るのが良いように思います。
そして、その3つか4つを継続するためにやる時間を決めてしまい、習慣化してしまうのが良いように思います。

私の場合は、早起きして時間を作るようにしています。
2時間早起きすれば、2時間をその習慣のために使えます。
なので、早起きイコール習慣の継続とも言えます。

例えばですが、私の場合は以下のような朝の習慣を考えています(出来たらですけど。。)。

語学(毎日30分)
プログラミング(毎日30分)
仕事の勉強(法律や税務会計 毎日1時間)