こつこつやることの凄さ

私は地味にコツコツと積み上げることが結構好きです。1日あたりに使う時間は1時間くらいだったとしても、それでできることは大した量ではなかったとしても、毎日やっていると結構すごいことになってしまいます。

今、法律の勉強とiPhoneのアプリの勉強をしています。この、一つに絞れていないところが私のダメなところではあるのですが、どちらも魅力的でやりたいと思っている分野なので、捨てきれていないのです。本当は、一つに絞ってコツコツとやっている人の凄さを間近に見てきているので、一般論で言うと、やっぱり絞ったほうがいいのでしょう。何かをやりたいと思った時は、一つに絞ったほうが圧倒的に結果が出やすいのは、色んな人が言っているように事実でしょう。

iPhoneの方は「親切すぎるiPhoneアプリ開発の本」というのをやっています。全部で900ページくらいあって、章も30以上あるのですが、毎日1つやっていれば、1ヶ月で全部終わります。この本は、全部やるとiPhoneで落書き帳やら、テーブルビューやらが出来るようになるみたいです。それってすごいことだと思いませんか。1ヶ月続けたら、iPhoneアプリの開発の基礎が結構わかってしまうんですよ。

 

もちろん、それで実際に売れるアプリができるようになると言うこととは別ですが、今まで出来なかったことができるようになってしまうというのは、世界が広がります。もしかしたら、本当にうちの事務所でiPhoneを含んだクラウドの会計サービスができるかもしれません。さすがに開発は全部自分ではできないかも知れませんが、アウトソーシングする際に、自分が何をお願いしてるのか、ちょっとわかっているのと、全然わからないのではえらい違いですよね。

 

地道にコツコツとやってきて、結局ダメだったとか、無駄なことをしてしまったということも、まあ、あります。でも、それで、コツコツやるのを諦めるのは、相当もったいないことではないでしょうか。やっぱり、やってみないとわからないし、やってみて良かったということも結構あるのですから。

 

 

 

 

 

読書感想 「シンプルに考える」

あのLINEの社長をやってらっしゃていた森川さんという方の「シンプルに考える」という本を読みました。

森川さんは、MBAを持っていて経営学も勉強された方ですが、この本に書いてある、実際に彼が会社でやってきた経営はいわゆる経営学でいうところと逆のことを言っている事も多く、面白かったです。

例えば、森川さんは本の中で、差別化は狙わないと書いています。また、イノベーションも狙わないと書いてあります。

森川さんの主張は非常にシンプルで、ビジネスは本質は「ユーザーが本当に求めているものを提供し続けること」だそうです。差別化やイノベーションを狙うとそれ自体が目的になってしまい、ユーザーが求めていることと徐々にずれていってしまうからだそうです。なるほど、自分でもそれはあるなーと思い当たる節があります。

以下、私がいいなと思った部分の抜粋です。

会社にとって一番大切なことは何か?

利益?社員の幸せ?ブランド?戦略?ビジネスモデル?
僕は違うと思います。たしかに、どれも大切なことです。しかし、一番ではない。では、何がいちばん大切か?
僕の答えはシンプルです。
ヒット商品を作り続けること。これしかありません。
ヒット商品をつくり続ける会社が成長し、ヒット商品をつくることができなくなった会社が滅びる。古今東西、ビジネスを支配しているのは、このシンプルな原則です。
ビジネスの本質は、「ユーザーが本当に求めているものを提供し続けること」。それ以外にないのです。
そのためにはどうすればいいか?
これもシンプルです。
ユーザーのニーズに応える情熱と能力をもつ社員だけを集める。そして、彼らが、何物にも縛られることなく、その能力を最大限に発揮できる環境を作り出す。これ以外にありません。
 そのために必要な事だけをやり、不要なことはすべて捨てる。
悩むとは、なんとなく「あれも大事、これも大事」と迷っていること。結局、何も決められず、行動に移すことが出来ません。あるいは、「あれもこれも」と力を分散させてしまう。しかし、結局、人間が一度にできることはひとつだけ。結果を出すためには、ひとつのことに集中させなければなりません。だから、悩んでいてはダメだと思うのです。
 大切なのは「考える」こと。人が悩むのは「表面的な価値」に惑わされているからです。
私も、時間を作って、法律の勉強をしようとしたり、自分の事務所でシステム開発をしようと考えたり、あれこれ手を出して、どれを優先すべきかうじうじ考えたりしてしまうのですが、きっと、この「表面的な価値」に惑わされていて、クライアントの求めている価値について、真剣に考えていないからではないかと思ったりしてしまいます。
********************************************
H27/7/17
とは言え、繁忙期も終わり少し時間に余裕が出てきたので、遊ぶことも考えたいと思います。

Macbook AirでXcodeを十分に使えるか

Macbook Pro Retina 15とMacbook Air 13 でどっちにするか相当悩んだのですが、Proの方が少し重いし高いので、どちらかと気軽に買えるAirにすることにしました。Airだとパワーに心配があったのですが、Proは高いので、開発を始めて、もし難しすぎて途中でギブアップしたとしたら、20万円オーバーの出費はちょっと大きすぎるように思ったのです。

それでAirでもいいのか色々と情報を集めていたのですが、iPhoneアプリの開発者でもある國居貴浩さんの「親切すぎるiPhoneアプリ開発の本」にも、Airで十分開発できると書いてあったのが決定打になりました。

結果はというと、Airでも今の所ほとんどストレスはありません。ハードディスクは256GBにしましたが、価格ドットコムで買ったので、メモリーはカスタマイズ出来ず、4GBだけです。AirはハードディスクがSSDですので、仮想メモリもSSDで十分に速いようです。

 

それで、今は「親切すぎるiPhoneアプリ開発の本」を実際に実例を使って手を動かしながら読んでいるのですが、わかりやすくてとてもいい本だと思いました。厚さが6センチくらいあり、カバンに入れて毎日持ち歩くにはあまりに重いので、背表紙をカッターで3つに切って、バラバラにしました。これでとても快適になりました。

いま、3分の1くらいまできたのですが、使わなくなったオブジェクトをメモリから廃棄する仕組みだとか、指でタッチする時のイベントの扱い方とか、とてもわかりやすくて、2年くらい前にトライして挫折してた所も、わかるようになってきました。

また、Swiftは以前のObject-Cに比べて、分かりやすくなってます。Object-Cはメモリー管理のやり方が難しくて、私もメモリーリークのあたりで以前、挫折したのですが、今回はレファレンスカウンタの仕組みのほか、接頭詞のweakの使い方やら、Optional(?)の使い方やら随分わかるようになりました。消費税を入れて4,000円近くしましたが、これだけでも値段より相当もとがとれたように思います。

 

 

Tax saving by investing properties overseas

One of the frequently asked questions to me is whether tax can be saved by investing overseas. My answer is yes, you can but be careful.

The reason you can save your income tax or corporate tax is because of the life year of assets. It is not common in Japan but apparently a house or building over 100 years old is not that rare in some countries overseas, and you can “legally” benefit from the gap.

According to the Japanese tax law, the life year of old house/building is calculated by the following formula:

Original life year for new property – 80% of its age of the property.

For example, the life year for building made of concrete with steal structure is 50 years. If a building you are purchasing in NY is 50 years old, you deduct 40 years (80% of 50 years that are used) to get 10 years as its life year for tax calculation.

Also, I understand that in real world practice of property appraisal in some country, the price of a building is 90% of the total value and the land portion is only regarded as 10%, which is very different from Japanese  market.

So, if the total purchase cost of a property is 1 MM USD (120,000,000 JPY) , you can depreciate 900,000 USD over 10 years. It means you can save tax on your income by 90,000 USD every year for 10 years. It must be a quite big saving.