アマゾンのLightsailというサービスがすごかった

Lightsailというアマゾンのクラウド・コンピューティングのサービスがすごいです。一ヶ月たった550円(5ドル)なのですが、作れるデータベースの数にも制限がなさそうだし、名前も自由につけられます。ですので、ハードを一台丸ごと自分で買うかレンタルするのと同じです。私は今まで予算をケチって事務所にサーバーを置いてきましたが、年に1回くらいビルメンテのための停電があったりして、その度に再起動をしてIPアドレスを割り振り直してなってやってめんどくさかったのですが、こんなこと全く意味がなくなってしまいました。

Lightsailを使えば、電源が落ちることはまずありません。データがなくなることもほとんどないでしょう。事務所なんかにコンピュータの実物を置いておくよりよっぽど安全です。

s3というデータを保存するサービスもすごいです。1Gあたり一月2円なので、100G使うようなデータ量でも月200円です。そのほかにGlacierというもっと安いサービスもあります。これはデータを取り出すのに3〜12時間かかりますが、料金自体はさらに安くて1Gあたり0.5円です。100ギガでも月50円。データの取り出しをするときにさらに若干料金がかかるようですが、10Gまでは無料枠が使えるようなので、通常の事務に使うようなデータの大きさでしたらほとんどお金はかかりません。無視できる範囲でしょう。

ウェブサーバーに限らず普段使うエクセルやワードなどのデータももう事務所に置いておく時代ではないのかもしれません。サーバーもデータがあって、外付けのHDDにバックアップをとってなんてやってても大きな地震や火事になってしまったら終わりです。

その他にクラウドでのデータの保存の仕方としては、githubやドロップボックスなど色々考えられます。githubでもドロップボックスでも両者でファイルの変更履歴が保存できます。

色々研究したいと思います。

AWSというアマゾンのクラウドサービスがすごい

今日は、アマゾンのクラウドのコンピューターのインフラであるAWSを色々と触りそれなりに収穫もあり勉強になりました。
AWSには数多くの様々なサービスがあるのですが、今回触ったのは画像などのファイルを保存できるファイルサーバのようなS3というものです。

今日はiPhoneから、領収書や請求書などの画像をアップしたりダウンロードできたりするアプリのプログラミンをしていたのですが、反応がすごく速いので、色々なウェブサイトで反応が遅いのは通信の問題ではなくて、サーバーの反応速度の問題ということがよく実感できました。

またファイルの耐久性がイレブン・ナインというそうで99.9999999%なんだそうです。最初は何のことか?と思ったのですが、ファイルが複数の場所にあるサーバーにバックアップされていたり、冗長化されているのでまずファイルが失われることは無さそうです。もちろん中小企業の実際に買えるサーバーと比べても信頼性が段違いです。

それから、もう一つ。去年2016年の11月に新しくできたサービスなのですが、アマゾンLightsail。こちらは月5USDと定額でAWSが使えます。データベースもつけるようなので是非そのうち試してみたいと思います。

クラウドの世界も進歩しています。AWSはこの他にも色々な種類のサービスのがあります。私の事務所のコンセプトの一つが「きれいな帳簿でお客様の商売を元気にする」ですから、これらの新しいサービスを取り入れて何か新しいサービスを提供できないかなと今日は色々考えていました。