Japanese Tax Blog in English

日本の税務情報を英語で書くブログ by みなと国際会計事務所

会社の設立につき、合同会社を選ぶ理由

time 2016/06/17

日本で起業して会社を作る場合に、現状では選択肢は2つです。株式会社と合同会社。

株式会社の方が良く知られた形態ではありますが、フリーランスの方が法人を作る場合には、合同会社を勧めいます。しかし、合同会社はただ小さい会社だけのものではありません。大きな資本投入を伴う太陽光発電施設などのプロジェクトのためのビークルにも多く使われています。

1 費用が安い。

まず、設立費用が圧倒的に安いです。

株式会社の設立には公証人による定款の認証が必要です。これが、5万円。その他に、登録免許税がかかります。これが、15万円。合同会社では、認証は必要ありません。また、登録免許税は6万円です。

2 資本金を1/2以上にする必要がない。

増資の内、半分以上を資本金にしなくてはいけないというルールが合同会社にはありません。したがって、何十億という資本を投入する場合に、資本金を1円、資本剰余金を残り何十億という資本構成にできるため、登録免許税が最小限の3万円で済みます。株式会社の場合は、資本金の増加額の0.7%に登録免許税がかかるので、10億円が資本金になった場合、700万円の登録免許税がかかりますが、合同会社ではこれがありません。

3 その他の、法人税に関する規制は株式会社と一緒。

役員報酬を毎月定額にしなくてはいけない、そうでない場合は費用としてカウントしないなどの規定は、全部、合同会社でも一緒です。特に、合同会社だから不利になるという事はありません。

こう書いてみると、特に株式会社である必要がある特別な場合を除いて、合同会社でほんとに十分だと思います。

*************************************************

最近、株が下がってきました。長年持っていたFXもついにマイナス圏に突入です。。
最近、教えていただいた話なのですが、株は同じ10万円を勝つのと負けるので、負ける方が3倍大きく感じるそうです。確かにそうで、10万円勝っててもなんとも思いませんが、10万円負けるとショックですものね。

kaigo

(介護保険について少し学習しています。)

down

コメントする




監査など

Recent Comments

    みなと国際会計事務所

    東京都千代田区麹町3-4-3シエルブルー麹町202