みなと国際会計事務所 Accounting Intelligence blog by a CPA in Tokyo

みなと国際会計事務所 Accounting Intelligence blog by a CPA in Tokyo, tax tips, accounting, running business

一部英訳 国外転出時課税制度Exit Tax (FAQ)(by 国税庁 H27年4月)

time 2015/05/07

国外転出時課税制度(FAQ)(by 国税庁 H27年4月)を一部英訳しました。

長いので徐々に訳していきたいと思います。また、国税庁の日本語は税法的に厳密になるように回りくどい表現になっていますが、英語版では分かりやすさを優先しています。

Q1国外転出時課税制度について教えてください。
Q1 Explain about Exit Tax

A1 Exit tax has been introduced in Year (Heisei) 27 tax revision and it will be enforced from July 1, 2015. In the following 3 situations, a person who has qualified asset (e.g. securities and unsettled future or option contracts as described more in detail in Q4) with value over 100 MM yen (qualified person) will be regarded as being sold or realized and will be taxed on its capital gain.

1) a qualified person leaving out of Japan,
2) a qualified person selling/transferring/granting all of his or part of qualified asset,
3) a qualified person being passed away and his heirs abroad inherits all or a part of his qualified asset.

(重要)
国外転出時課税制度においては、次のとおり、一定の要件の下、減額措置等を受けることができます。
(Important)
Here are exception and reduction of Exit Tax under certain conditions.

<条件>
<condition(s)>
国外転出の日から5年以内に帰国などした場合
When a qualified person returns to Japan within 5 years

<減額措置等>
帰国時までに引き続き所与有している対象資産について、国外転出時課税により課された税額を取り消すことができます。

For qualified assets that are still owned by the person, the exit tax paid on departure can be claimed back for refund.

Q3 国外転出時課税は、どのような方が対象となりますか?
Q3 Who will be subject to the Exit Tax?

A 国外転出をする居住者で、次の(1)および(2)のいずれにも該当する方が、国外転出時課税の対象となります(所法60の2⑤)。
国外転出時に所有している対象資産の価額の合計額が1億円以上であること。
国外転出の日前10年以内において、国外在住期間が5年を超えていること。

They are following person who meet the following two criteria:

1) A person with qualified asset over 100 MM yen,
2) and a person who has been in Japan more than 5 years in the latest past 10 years.

****************************************************************************
昨日はニョッキのミートソースを作りましたが、娘には不評でした。子供は意外とかわったものや凝ったものは好きではなく、いつもの食べ慣れてるご飯やお味噌汁の味みたいなのが好きなんですよね。がっかり。

down

コメントする