105% Company (or Mark-up Company)

There is a concept of 105% companies in Japanese corporate tax arena.  It is a subsidiary company incorporated under the Japanese Company Law and help its parent company abroad in selling their products.

Their real reason (for structuring like this) might be because the corporate tax rate here in Japan is higher than those in their home countries, but the official reason is usually because they do not have full selling functions or personnel in the subsidiary (authority to conclude contracts), they do not book profit from selling their product but they only book “service fee” for marketing or sales support from the parent company, which is typically 105% of the subsidiary’s total operating expense.

Therefore, the subsidiary will always book taxable profit, 5% of its total operating expenses, and pay the tax of randing between 25% – 40% of  its profit, roughly about from 1.25% to 2% of total operating expenses. Parent companies are happy to pay the tax on 5% rather than the tax on profit from selling their product itself, which can be very high if their business goes very well. And of course, you can not reduce your selling price to your subsidiary to reduce the profit in the subsidiary (or it is difficult) because of transfer pricing regulations as you are probably aware.

The downside or something that you need to remember is that you cannot have a real sales function here.  If you have a manager who has authority to decide price to sell your product (or service) to customers here and close the deal, the tax authority will regard it that trading profit incurs in Japan and therefore its taxable profit from the trading belongs here.

Because the subsidiary will receive service fee from its parent company for marking or sales support or whatever you name, the parent company will have to sell its product/services directly to customers here or through a third party sales agent and cannot have an office for their own (Permanent Establishment) here. If you have a PE, it will be taxable for its profit from selling.

You need to remember that the following are to be construed as a Permanent Establishment:

  1. an office or a factory,
  2. a person acting on behalf of an enterprise and has, and habitually exercises an authority to conclude contracts on behalf of the enterprise (excluding an agenet of independent status).

If a subsidiary has an authority to conclude a deal for its parent company, it will likely be regarded as a PE. You need to be careful.

**************************************************

I have attended many tax audits in my career.  One of their interest in tax audits is obviously this point; whether a subsidiary is to be construed as a PE or not and therefore it is taxable for the trading profit of its parent company.

Another important aspect is Consumption tax. If its deliery is to be done in Japan (e.g. DDU, DDP by Incoterms definition), it will be regarded as domestic sales and will be subject to Japanese consumption tax.

 

 

キレイな帳簿をつけるためにすべき5つのこと

キレイな帳簿をつけることは、ビジネスをする上で結構重要です。ビジネスで成功することと帳簿をつけることに相関関係があるかと言えば、直接には無いとしか言えないのですが、私の経験から言うと、帳簿が汚い会社(や個人事業)は商売もあまりうまくいって無いことが多いように思います。

多分順序が逆で、整理整頓が出来ている会社は、仕事もきちんとしているため、利益が出やすい。そういう会社は帳簿もしっかりしていて、キレイであることが多い。と言うことではないかと思います。

うちの事務所でも帳簿がキレイであることを、私どものサービスの重要な品質の一つだと考えています。

外苑いちょう並木4

では、キレイな帳簿とはどのようなものを言うか?

1 銀行残高や売掛金、買掛金などの残高がきちんとあっている。
2 売上も費用もきちんと発生主義で記録されている。
3 売掛金、買掛金、立替金、預り金などの残高が相手先や性質別の補助残高レベルであっている。売掛金や立替金の金額をお客様ごとに聞かれた場合に、すぐ回答できる。昔のことを調べたい時にすぐわかる。
4 帳簿にゴミが残ってない
5 修正仕訳を使わず直接なおす

5番はちょっと特別ですが、それ以外はどれも当たり前のことばかりです。が、意外に出来ていなことも多いです。

2については、最初のうちは少し難しい(めんどくさい)のですが、出来るだけやるようにしましょう。売上は入金のタイミングで、経費も発生のタイミングでつけましょう。そうでないと、外注のコンサルタントを派遣して売上を立てたような場合に、どちらか一方だけ立てると、PLが大きく狂います。また、もちろん、税務調査でも指摘されるでしょう。

3 BS項目は全てかならず補助勘定をつけましょう。該当する補助勘定が無い場合は、作成しましょう。補助勘定を作っておけば、補助残高一覧を印刷して眺めると、帳簿があってるか、あってないか、一目瞭然です。マイナスの残高や、ハンパな数字の残高は何かがおかしい可能性があります。中身をきちんと確認して、常にキレイにするようにしましょう。

4 それと、これも結構大事なのですが、時々帳簿を掃除することが大事です。古い残高で内容がわからなくなってしまったものは、いつまで帳簿にあっても、ずっと残っていることが多いです。これは、帳簿の見通しが悪くなるので、さっさと落としてしまいましょう。もちろん、これが税務上で損金になるかどうかと言う問題もあるので、できるだけそこは検討して、わから無いようなら、(ちょっと乱暴ですが)社長貸付金にしてしまうとか、できるだけキレイにしましょう。ダメな会社のBSの一つの特徴は、BS項目がありすぎて、本当にある資産の価値がよくわからなくなってしまっていることです。

5 PLは会社によっては月締めをしていて、前月の記録でさえ触れ無いようなルールにしているところもありますが、会社が小さいうちや、自社の経理のレベルが低いうちは、決算をまたいでないなら、出来るだけその月にさかのぼって修正するようにしましょう。前月の仕訳を直接修正できないと、間違った仕訳の修正仕訳が入り、それがもし間違っていた場合は、また、その修正仕訳が入る、なってやっていると、帳簿が分かりにくくなってしまいます。

帳簿は経理のevernoteみたいなものです。記録をきちんととっておけば、昔のことで忘れてしまったような事もすぐ調べられます。できるだけ、整理しておくようにしましょう。

 

ちなみに会計ソフトは弥生会計で十分です。いまは、freeeなどクラウドベースの会計システムもいろいろありますが、私はあまり使ったことがないのでよくわかりません。(すいません。そのうち勉強します。)

******************************************

私も税理士でありながら、自分で帳簿をつけている時は、時間がなかったり、忙しかったりと言い訳をして、帳簿は雑であまりキレイではありませんでした。お恥ずかしい話です。数字を誰にも見せないように抱え込むのではなく、自分でやらずに、スタッフにやってもらうようになってから、帳簿が一気に改善されました。小さな会社の社長は忙しいと思うので、できるだけ早いうちに、社内で誰かに帳簿をつけてもらうようにするといいと思います。

活動計アプリ「Moves」はダイエットに結構よさそうです。

結構有名で昔からあるアプリのようなのですが、「Moves」というアプリが結構いいです。

最初はナイキのFuelBandやらGarminやら、果てはタニタの活動量計(万歩計!)まで色々検討していたのですが、毎日歩いた距離や歩数、走った距離を記録するにはこれで十分だということがわかりました。なんたって、既に持っているものなので、タダだし、持ち物も増えません。

日本人の男性数の相当数が肥満の状態にあるそうで、肥満は放置すると糖尿病やらなんやら色々な病気の原因になるそうなので、あまり放置しない方がよさそうです。

 

Moves歩数

歩いた歩数も結構正確に記録で来ているようです。

Moves距離

この丸い部分をタップするだけで、表示を切り替えて歩いた距離も表示出来ます。

Movesカロリー

 

 

そのうち、歩数を記録するのなんて飽きてしまうかも知れませんが、これなら別に何も追加で買っていないので、無駄にもなりません。歩くのだけが理由ではないと思いますが、体重がこの2か月で2-3キロ減りました。これをつけていると地下鉄一駅分くらい余計に歩こうと思ってしまうので、歩くための良いモチベーションアップになっていると思います。

************************************************

H27/05/16

最近、自転車を買いました。ドロップハンドルのもので、重さが11キロを少し超える程度のものです。今までの自転車は10年くらい乗っていたのですが、移動が驚くほど楽になってしまいました。ものは大事に使うのも大事だと思うのですが、思い切って新しいものにするのも大事だなと思いました。

Downside of TK (Tokumei Kumiai partnership) structure

It seems that there have been big influx of investment into Japanese solar panel (Fit In Tariff) and property market recently.
We some time receive inquiries from clients about best investment structures for solar panel and property investment from a tax saving point of view. Sometime their structures are already well thought and fixed by major law firms because the amount of their investment are high.

The easiest and simplest solution would be to create a company (such as Kabushiki Kaisha a.k.a. KK or Godo Kaisha a.k.a. GK) as investment vehicle as opposed to adopting fancy schemes such as Tokumei Kumiai (a.k.a. TK).

Because the tax rate on corporate income is about 24% up to 8MM yen, there is no much difference between the the tax rates on companies and TK.

TK structure has two major downsides and apparently most of investors find them unacceptable:

1) TK structure is like a partnership with two categories of members such as operator and investor. All the assets are to be owned by the operator and the operator controls the business. Investors are required to be not active but silent without having major influence to the operator. The operator and the investors have to be different persons. Investors should not have material influence on the operator or its business decision.

2) As mentioned, assets are to be owned by the operator and the operator should be different person from the investors, meaning investors will have to give up security over their investment to a significant degree. Only legal protection for investors is a binding contract to the operator to return the assets when the project is over.

That is probably why I saw only limited number of occasions where TK structures is adopted and running in place in my career in the tax industry for more than 13 years.

The upside is of course, the tax rate. It is only(?) 20% and it can be much lower than the corporate tax rate, which can go up by 37% if the taxable profit goes up beyond the 8MM yen threshold.

 

Two more things.

1) People try to maximize the profit from the TK investment, of course. The common split of the profits between the operator and the investors I have seen in my career are like 5%:95%. I presume there must be a reason behind it. If the investor share of the split goes beyond 95%, its appearance will be like the operator does not take enough profit and therefore,  the tax authority will take it as if its TK structure is a fake and therefore, it should be charged normal corporate tax rate.

2) I presume it is “ok” to have a capital relation between the operator and investors of a TK structure but it has to be limited. If one party (e.g. investor) has major voting power to the other (e.g. operator), the authority may see that the operator and investors are in the same group and therefore, TK structure is a form taken solely for a tax-avoidance purpose.

********************************************************************************

H27/5/12

日曜日に10年乗っていた自転車を買い換えました。今までは、ハンドルがまっすぐのタイプだったのですが、今度はドロップハンドルです。自転車屋さんに何度も、気を付けてくださいね、ブレーキは左手からかけるようにして下さい、と言われました。自転車が軽くてスピードが出るので、前輪のブレーキを先にかけてしまうと、効きすぎて、前にでんぐり返しみたいに回転してしまうことがあるのだそうです。気を付けないと。。